活動

2017年9月19日

2017年7月8日に第60回日本神経化学大会において本領域の支援によるシンポジウムが開催されました

2017年7月8日に第60回日本神経化学大会(於仙台国際センター)において本領域の支援によるシンポジウムが開催されました。本領域の大隅および郷はシンポジストとして講演を行いました。講演者およびタイトルは末尾のとおりです。本シンポジウムに続いて行われたエラスムス大学教授Prof. Ype ElgersmaによるPlenary Lectureとともに、発達障害に関するモデル動物を用いた研究について、有益な情報交換を行うことができました。

オーガナイザー:

大隅典子(東北大学)

講演:

Noriko Osumi (Tohoku University): Effect of paternal aging on behavior of offspring in animal models of neurodevelopmental disorders

Chan Young Shin (Konkuk Univ): Modulation of behavioral deficit in animal models of autism spectrum disorder with agmatine

Rodney C Samaco (Baylor College of Medicine): Leveraging genetic rat models of intelletural and developmental disabilities for basic science and translational research

Yasuhiro Go (NIPS): Spatiotemporal brain transcriptome architecture and application for disease model in marmosets

シンポジウムにて撮影